家雨漏りの原因と対策について

subpage01

家雨漏りは非常に厄介なものですが、しっかりと修理を行わないと家自体が腐食しやがては倒壊の恐れも生じてしまう恐ろしいものです。

また様々な問題を引き起こしてしまう要因にもなるため、しっかりと原因を突き止め補修を行う事が大切です。
家雨漏りの原因は屋根がいたんでいることによることが多いのですが、実際には屋根だけを修理しても雨漏りが収まらないことが少なくありません。

その理由は雨水の通り道は屋根の傷んでいる部分ではなく、雨水がその継ぎ目などから侵入してくることが負いのです。
基本的に屋根にはその下に防水対策が施されているので少しのいたみで雨水が浸入する事はないのですが、雨水の通り道が屋根の内部に出来てしまうとその部分から侵入する事になり、家の中に雨漏りを発生させることになります。



さらに雨漏りの原因は屋根だけでなく、外壁の亀裂などの場合もあります。この場合には外壁をしっかりと補修すると同時に、内部の水の通り道を確認してその通り道をしっかりと塞ぐことが重要になります。

T-SITEは人気のテーマです。

しかしこの雨水の通り道を見つけることが難しく、業者の中には亀裂部分を塞ぐだけの修理で終ってしまうことも有ります。
家雨漏りを防ぐためには定期的な点検と補修が重要です。
屋根などに於いては数年に一度点検を行い、ずれなどが生じていないかを確認することが大切です。



又、万が一雨漏りを見つけた場合にすみやかに業者を呼んで対策を行う事が大切です。

この際には表面だけの補修ではなく、内部の点検まで行えることを前提に良い業者を選ぶことが大切です。