家雨漏り時の対策について

subpage01

家雨漏りをそのまま放置すると家に大きなダメージを与えることになります。



天井から雨漏りする場合でも雨水はいろいろな経路を通っています。

今すぐ使えるYahoo!ニュース情報ならこちらのサイトです。

濡れた箇所は腐ってしまう恐れがあり、強度の低下につながります。
また水分が溜まった所はシロアリによる被害も想定され、柱などの大事な部分を食べられてしまう恐れもあります。その他にも電気設備などに水が滴ると漏電し、ショートする恐れがあるため電化製品などへダメージを与えてしまいます。

家雨漏りは屋根の経年劣化や外壁のひび割れ、窓、換気口などのコーキング部の劣化、多様な原因が考えられるため、推測で修理を行っても必ず雨漏りが解決するとは限りません。ブルーシートを活用して屋根を覆ったり排水溝の清掃、ホームセンターなどで入手可能な防水アルミテープ貼るなどの自ら行う応急処置もありますが専門の職人などが入念に調査を行い原因を特定して修理することが一番の解決につながります。家雨漏りの修繕をおこなう業者は複数存在しています。

インターネット上にサイトを開設している業者も存在しており家雨漏りに関する情報を公開しています。

電話やメールで無料診断の依頼も可能であるため、自宅に居ながら気軽に問い合わせを行うことが出来ます。
また契約内容によって異なりますが家雨漏りは火災保険の風災の損害補償に当てはまる場合があります。



保険が適応されることによって修理にかかる費用の負担が大幅に軽減することが出来ます。